女子力

朝たった1杯の甘酒で驚く効果!! 美容と健康をしっかりサポート!! 

 

今年も残りわずかとなりました。

年末、クリスマスに忘年会に何気に疲れが溜まっていたりしませんか?

外食続きで、夜更かし、食べ過ぎ、どうですか〜??

いろんなことに当てはまりすぎて、ひえーーーーと思っているのは私も同じくです笑

年始は実家に帰省予定なので・・・今からヒヤヒヤしています。

でも、ご安心を・・・

『飲む点滴』といわれる甘酒について、そんな私たちに嬉しいことがたくさんある甘酒についてご紹介します。
[adsense]

甘酒の成分が充実しすぎているって本当??

そうなんです。

甘酒には美容成分がたっぷりとはいっています。

しかし、今回こちらでご紹介させていただくのは、米麹から作られた甘酒になります。

米麹で作られた甘酒には、

ビタミンB1

ビタミンB2

ビタミンB6

ブドウ糖

アミノ酸

葉酸

オリゴ糖

食物繊維

 

などなど、美容には欠かせない成分がずらり・・・。

美容師目線で気になる栄養もあります〜〜〜

1    美髪効果

ふふふ、美容師ですのでまずはこちらから!!

甘酒に含まれる成分にビオチンという成分!このビオチンはコラーゲンなどのたんぱく質を作る働きがあります。

これがきれいな髪を作る効果があるといわれており、甘酒にもコウジ酸という美髪にとてもいい成分が入っています。

そして、このビオチンなのですが、頭皮の毛細血管に働きかけ、血流が良くなり美髪を作って作ってくれるんです。

そうです、健康な頭皮からしか綺麗な髪は生まれてこないのは研究でもわかっていることなので、頭皮の血流が良くなることは、美髪を作る上でとても大切なことがわかります。

 

2 美肌効果

甘酒に含まれる栄養には上にも記載した通り、ビタミンB2 が多く含まれています。

このビタミンB2が肌の機能を活性化する効果があり、肌を保湿する効果が働きがあります。

また甘酒にはシミの原因となるメラニンの生成を抑えてくれるとても嬉しい効果があります。

そして、甘酒による栄養の吸収率は90%という事も覚えておきたいところ。

ビタミン剤などを飲むよりも、しっかり身体に吸収されるので飲むサプリメントですね。

 

3 疲労回復効果

ブドウ糖、ビタミンB2は疲労効果も期待できます。

麹の発酵により、つくられるビタミンB群にはエネルギーを効率よくしてくれるので、体力が落ちてきている時や授乳中のかたなどにはとてもオススメです。

さすが、飲む点滴と言われるだけありますね〜

4  ダイエット効果

甘酒には脂肪を吸収してエネルギーに変えるという、いろいろな酵素が100種類以上も入っており、この酵素が身体から減ってしまうと代謝が下がり太りやすくなってしまいます。

そして、甘酒を飲むことにより、補われた酵素は代謝を良くし、腸内環境まで綺麗になり老廃物のたまりにくい身体に整えてくれるということが近年わかってきました。その結果ダイエットにも繋がるというわけです。

しかし、飲み過ぎは注意です〜!!

 

5 母乳にとっても良いことだらけ

私が甘酒を飲むきっかけとなったのは、産後お客様に『母乳には甘酒が良いよ』と教えてもらったからなのです。

よく、上質な母乳をだすにはご飯を沢山たべなさい。と言われますが、甘酒こそお米で作られている、炭水化物、タンパク質がしっかりとれる甘酒は本当に母乳の強いみかたです。

甘酒の成分は優しいものばかりなので、産後の疲れた身体にも栄養もありとてもぴったりの飲み物です。

もちろん、私もあまり母乳がしっかり出ず悩んだこともあったのですが甘酒のおかげなのか産後2週間くらいから出るようになりました!!

産後のお母さんには是非オススメです^^

 

甘酒の効果的な飲み方とは??

甘酒にいろいろな効果があったなんてとってもびっくりですよね。

子供の頃、よとくおばあちゃんが作ってくれていましたが、今考えるととっても贅沢たっだなぁと思い返しています。笑

では、甘酒ですがガブガブ飲めばいいというものでもありません。

甘酒はだいたい100g 80Kcal前後と言われています。 1日コップ1、2杯がベストです。

それ以上飲むとカロリー、糖分のとりすぎとなってしまいます。

ダイエットの場合は、間食の代わりに飲んだり、ご飯を食べる前に飲んだりする事で食べ過ぎを抑えてくれる効果もあります。

腸内環境を良くしたい場合は朝に、温かい甘酒を飲むことをオススメします。

 

甘酒のオススメアレンジ

甘酒はそのまま飲んでもとても美味しいのですが、今回はちょっと飽きてしまった・・・なんて時に少し味を変えて楽しめるレシピをご紹介します。

 

生姜甘酒

  • 甘酒  コップ1杯
  • 生姜 すりおろし 小さじ1(お好みで)

電子レンジなら500Wで50秒加熱。お鍋なら、沸騰しない程度に加熱。

生姜の中には、シンゲロールという成分がありますが、生姜を加熱する事によりショウガオールという成分ができこの成分が

身体を温めてくれる効果などがあるため、これからの季節は身体を冷やさない為にもとってもオススメです^^

 

麦茶甘酒

え??と思われる方も多いかもしれませんが、そのままの甘酒が苦手という方には試してほしいレシピです。

  • ちょっと濃いめの麦茶
  • 甘酒

1対1でまぜてください。加熱してもOK。そのままでもOKです。

なんともいえない香ばしさ!!

友達に甘酒が苦手!!という子がいるのですが、これなら飲めると言っていたのを思い出したのでご紹介です。

まとめ

甘酒は古く江戸時代から飲まれていたそうです。

発酵食品は、やはり美容に健康に良いものが多いので、是非取り入れたい食品の一つですね。

今回は米麹の甘酒の紹介です。

是非、甘酒のパワーを借りて、年末年始楽しみましょう〜!!!!