ヘアケア

スタイリング剤はたった2つ。オシャレなウェットヘアの作り方

 

 

まだまだ、人気のウェットヘアですが、、個人的にはもう少しこのウェットヘアの人気は続きそうだなあと思っています。

今回はお家であるもので、簡単にウェットヘアが作れるスタイリング方法をお伝えしようと思います。

 

 

なぜなら、ここへ来て90年代ブリーチ時代が再来しています。

なので、今年はハイトーンのカラーの上からカラーののせる、いわゆるオンカラーと呼ばれるものも増えてくると思います。

しかしながら、ハイトーンのカラー少なからずダメージもつきもの。

そんな時、ウェットヘアでスタイリングする事により、多少のパサつきなどは目立たなくなります。

 

『この冬の乾燥で髪がパサついている』

『ツヤ感を出して綺麗な髪に見せたい』

そんな方は、ウェットヘアはとってもオススメです。

 
[adsense]
 

ウェットヘアスタイルとはどんなスタイリング方法??

ウェットヘア、濡れ髪スタイルと呼ばれるスタイルは、本当に濡らしているわけではありません。

オイルやジェルなどを使って、濡れているよなツヤ感にみせるスタイリング方法になります。

 

雰囲気的には、ちょっとモードスタイルっぽく見えて、ウェットヘアにするだけで今年っぽいトレンド感を出す事ができます。

ツヤ感もしっかり出るので、どんな年齢層の方にもオススメのスタイリング方法でもあります。

 

 

この2つがあれば、簡単にウェットヘアが完成!!

 

 

【用意するもの】

・WAX(ハードでも、ミディアムでも大丈夫です)

・オイル(ベビーオイルでも、ホホバオイルでも髪の毛用でなくても大丈夫です)

 

今回は一応、髪の毛用のオイルとワックスで説明させていただきますね。

 

 

ますはワックスを先に手のひらに出して、のばします。

オイルを先に手に出してしまうと、ワックスをのばしにくくなるので、

ここはワックスを最初に手に出す事をオススメします。

 

 

 

ワックスを手に伸ばした後、オイルを手のひらに1〜2プッシュ!!

(ここはお好みでオイルの量を調整してもらえます^^)

ワックスとオイルを手のひらでなじませててから、髪につけてみてください。

つけかたのコツとしては、頭皮にはつけずに毛先から着けていくようにしてください。

 

 

そうすると、綺麗にツヤ感のあるヘアスタイルを作れるし、ジェルのようにかたまらずに、途中で手直しもできるので

この方法はとってもオススメです^^

 

 

 

そのままウェットヘアにできるスタイリング剤はこちら!!

 

《MILBON ミルボン ニゼル ドレシアコレクション ジェリー M ワックス 》

これは1本で簡単に、ウェットスタイルにする事ができます。

プッシュタイプで出てきてくれるので、爪などを気にする事なくお使いいただけるので

とっても、お手軽にウェットヘアを楽しむ事ができるので、こちらもオススメです。

 


ナプラ N.(エヌ ドット)N. ナチュラルバーム 45g 【ナプラ エヌ ドット Nドット】

そこまで、めちゃめちゃウェットな感じじゃなくてもいいなら、こちらのバームもオススメです。

そこまで、ウェット感はすくないけど、ツヤ感をだしながら、緩めのスタイリング力もあります。

 

まとめ

ちょっと髪のパサつきが気になったり、まとまりが欲しいときなどには、

簡単に艶髪見せてくれるウェットヘアは、年代問わず美髪に見せてくれるのでとってもオススメのスタイリング方法です。

 

その中でも、ワックスとオイルをまぜるのは自分の好きなウェットヘアを作る事ができるので、是非お試しください。

 

 
[adsense]