美容

髪の毛に良い食べ物は何? 食べ物で艶髪へ。

髪の毛

髪の毛にいい食べ物でよく聞くものは『ワカメ』がありますが、実はそれだけではないんです。

今回は、積極的に取り入れたい、美しい髪に近づく髪の毛に良い食べ物をご紹介いたします。

髪の毛に良い食べ物とは??

 

髪の毛に良いといわれる食べ物

 

タンパク質 肉、魚、卵、大豆製品、牛乳、乳製品、カキなど
ビタミンA、E にんじん、かぼちゃ、小松菜、ほうれん草などの緑黄色野菜、玄米、胚芽米、小麦胚芽油、ごま、ナッツ類、紅花油など
ビタミンB 玄米、小麦胚芽油、豚肉の赤身、レバー、マグロなど
コラーゲン 長いも、れんこん、納豆など
ヨード わかめ、昆布、ひじきなどの海藻類
鉄分 カキ、赤身のお肉

タンパク質は、同じタンパク質でも、実際はお肉よりも脂肪分がすくないお魚の方が髪の毛には良いとされています。

タンパク質は髪の毛を作る上で、土台となる大事な成分なのできれいな髪の毛にはタンパク質は必須です。

ビタミンEなどのナッツ類や、ココナッツオイルは、肌や毛包(もうほう)にとって天然のエモリエント剤となり、毛幹にうるおいを与え、髪をつややかにします。

そして、世界保健機構(WHO)で、一番言われているのが現代人の鉄分の不足です。鉄分が髪の毛に関係しているとはあまり聞かないかもしれませんが、、、

実は、鉄分が不足する事により、びまん性の脱毛症や、抜け毛の原因になってしまう事もあるのです。

では鉄分はどのように摂取するといいのでしょうか??

髪の毛に良い鉄分をとれる食べ物はカキがオススメです。何故なら、カキは亜鉛も一緒に摂取する事ができるからです。亜鉛には、髪の毛の成長を促す事ができるからです。

一石二鳥、是非カキでの摂取がオススメです。

髪の毛に悪い食べ物とは??

実は直接、髪の毛に対して『コレはだめだ!!』という食べ物はないのです。

髪の毛は、もちろん身体が作っているものなので、身体によくないもの、又は取りすぎとよくないもは存在します。

ハンバーガーやケーキ、油がたっぷりのお肉などは交感神経を刺激してしまうので、オススメはできません。

何故、交感神経が関係してくるのでしょうか??

自律神経の乱れは、薄毛や白髪の原因になる

頭皮や、肌の状態は自律神経がものすごく関係しています。

自律神経には、交感神経と副交感神経があるのですが・・・

リラックスしている時は副交感神経。

ふつうに活動している時は、交感神経が働いています。

この、交感神経の特徴として、血管の収縮があります。それにともない、髪の毛に栄養などを届ける毛細血管の血流が悪くなってしますのです。

このように、髪の毛や頭皮に関係にある部分を修復したり、整えたりする部位は、副交感神経が高まっているときにしか活動が行えないのです。

リラックスする、副交感神経に切り替えるためにも、交感神経を刺激してしまう食べ物、飲み物は取りすぎ注意と言われるのはこのせいです。

脂肪分の取りすぎは、脂漏性脱毛の原因になるので要注意

脂肪分を摂り過ぎると皮脂の分泌が異常に多くなり、脂漏性脱毛の原因になるといわれています。

しかしこれは、あくまで毎日たくさんとりすぎるとなので、ハンバーガーやケーキなどと同様に取りすぎにはくれぐれもご注意ください。

髪の毛に良い食べものt、悪い食べ物のまとめ

いかがだったでしょうか??

髪に直接良いものは、簡単に摂取できるものも多く、意識して取り入れたいですよね!!

ナッツ類などは、オヤツとしても低カロリーで食べれるので髪にもよくて嬉しい食べ物です。

髪の毛に悪い食べ物は、何でも取りすぎに注意すれば食べてはいけないというものではないので安心してください。

髪の毛に自律神経が深く関係していることも、おわかりいただけたと思うので、髪の毛にいい食べ物を食べて、お風呂などでしっかりリラックスして、髪の毛にもどんどん栄養を届けてくださいね!!

 

ブログランキングに参加しています。
ポチッと、よろしくお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村